替え歌で泣きそうになっているマスタードの人

フォレスターの購入はモデルチェンジ前の今がチャンス

読了までの目安時間:約 4分

 

フォレスターの現行モデルは2012年登場ですので、もうそろそろ5年が経過します。今までのモデルチェンジ推移からいって、そろそろフルモデルチェンジがありそうな雰囲気です。

一般的に言って、モデルチェンジが起きる前は在庫一掃処分のような状態になります。フォレスターも同じはずなので、かなり値引き交渉がしやすい時期に入るでしょう。もしかすると、ほとんど交渉しない初回見積もりの時点で、20万円くらいのフォレスター値引きがついてしまうかもしれません。

現行フォレスターのデザインが気に入っているなら、モデルチェンジ前の時期の今がまさにお買い得といえるでしょう。もしフォレスターのモデルチェンジが正式に発表されてしまうと、

    同じことを考える人が殺到して、案外早く在庫がなくなってしまうかもしれません。

フォレスターの値引き方法としては、基本的にはフォレスターのライバル車種との競合となります。

具体的にはエクストレイルとの競合ですね。もともとフォレスターと同じアウトドア志向のSUVですし、今ハイブリッドも出たりして勢いがあります。フォレスターは売り上げ的には押されているので、名前を出せば警戒してもらえるでしょう。

フォレスターの展示車狙いもあり?

上で取り上げたサイトでも説明されていますが、フォレスターの展示者を狙うという人もいるでしょう。基本的には条件がなかなか合わないのでおすすめはできないのですが、モデルチェンジ直前になると新モデルの入れ替えで旧モデルの展示車・試乗車が大量に市場に出回るので、さらに安く値引き購入できることもあります。

ある程度条件を無視すれば、50万円引きくらいで買えるかもしれません。もともとフォレスターはそれほどグレード格差のない車種ですから、よほど廉価グレードでない限りはある程度満足できるはずです。

また、未使用車を買うという手もあります。モデル末期は売れ行きが落ち込みますが、メーカー側のノルマは継続するため、ディーラーが自腹で新車登録して、未使用車として市場に売り飛ばします。1オーナーとはなりますが、その分安く買えるのは言うまでもありません。

都市部で買うほうが安い

フォレスターなどなんでもそうですが、車は都市部になればなるほど売れやすくなります。単純に人口が多いからですが、その分郊外はあまり売れないということなので、値引きについては渋くなります。そう考えると、郊外に住んでいても、あえて都市部まで足を延ばしてフォレスターを購入するというのはアリでしょう。買うディーラーが遠くなるのはネックかもしれませんが、数十万円安く買えるということであればそれほど大変でもないでしょう。また、同系列のディーラーなら整備するディーラーを近所に移すこともできるので、それほど苦ではないでしょう。そうでなくとも、整備するお店をうちに移してくれるなら、ということで、買っていないディーラーでの整備を頼んでもいやがるところはありません。

 

Uncategorized   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: